水処理事業

 

 

美しいふる里を明日に残すために

農業集落排水施設は、農林水産省が予算上の措置の中で実施している施設を総称したものです。この事業は昭和58年度より実施されており、アムズは地元北陸をはじめ全国各地に数多くの施設を施工しています。美しいふるさとを明日に残すために、豊富な経験と優れた技術で、地域に適した処理施設を建設いたします。また、平成7年度からは、日本農業集落排水協会の設計でアムズが生産工場となり、工場生産品JARUS-S96-A型(51~400人)、JARUS-FM-A型(51~700人)を製造・販売しております。工場生産品JARUS-S96-A型、JARUS-FM-A型の詳細については浄化槽事業を参照して下さい。

  • 施工例

/*tab_01*/


中能登町鹿西東部浄化センター(JARUS-OD)

薬師谷処理施設(JARUS-OD)
 

水処理事業

ダウンロード
営業所を探す
事例集
ダウンロード 営業所を探す 事例を探す お問い合わせ ページトップへ